4 column

世の中は、ユダヤ教とイスラーム、キリスト教に分かれて鋭く対立していますが、実際の根は一つです。問題はイエス様をめぐる解釈です。2003年5月18日、アメリカの各教会で十字架を取り外す式典を行った牧師たち132人がエルサレムに行き、イスカリ オテのユダがイエス様を売り渡して得た銀貨30枚で買った血の畑(マタイ27/8)の地に十字架を埋めました。そして、その年の12月22日宗教と宗派を 超越して全世界から集まった3000人以上の平和大使とイスラエルとパレスチナ人たち7000人がエルサレムの独立公園に集まり、イエス様の頭から茨の冠 を外して平和の王冠を被せる儀式をおこないました。
(自叙伝より)

4 column

パンよりもパンの作り方を教えよ人類の危機問題を解決しようと思えば、種を蒔く心がなければなりません。種は土の中に蒔きます。
目に見えない土の中で発芽して目を出すまで、忍耐して待たなければなりません。飢餓問題も同じです。
食べるものがなくて死んでいく人に一握りのパンをあげるよりも、当面は苦労して日の目を見なくても、小麦を植えて収穫しパンを作る技術を教えなければなら ないのです。そうしてこそ、より根本的で持続的に飢餓を解決することができます。
(ケーキを作る技術も大いに貢献するでしょう)

4 column

DSCF2404統一教会は世界の食料問題に対して、1980年代から準備してきました。現在は動物の肉をたくさん食べる時代になりましたが、陸地でこの食料を確保するに は限界があります。海の資源は豊かです。「One Family Under God」は具体的でなければいけません。世界の多くの宗教人、NGOなど良識ある人々も活動しています。私たちも人類の未来に向けて準備しているのです。 今アメリカやアジアでの日本食ブームの先駆けとなっています。(海洋摂理)
魚に親しむために、日頃から家族で「釣り」に出かけています。

4 column

家庭連合 祈りのすすめ
自由祈祷で祈るのが日々の祈りです。
お祈りをするときは,まず初めに、「愛なる天のお父様」と祈ります。神様に対して、呼びかけから始まるのです。はっきりした主体がいらっしゃいます。祈りの相手がはっきりしているということが大事です。そして、終わりは、「真のご父母様のみ名によってお祈りいたします」で終わり、 「アージュ」で締めくくります。お祈りしてみてください。