Q21

週刊文春など週刊誌が統一教会関連の記事を書くのは何の為ですか?

A21
まず第一は思想的背景があります。共産主義社会を推し進めようとした人達が、先導して記事を書いているということです。共産革命の出だしをくじいた勝共憎しと、次に利益中心に考え、スキャンダルなネタで関心を集めるのに宗教団体は多くの信者がいますし、恰好の餌食になってしまうのです。販売部数が増えるというのです。書いた記者も称賛されるのです。ところが今回の週刊文春の記事を書いた、石井謙一郎氏はあの山崎浩子さんの強制脱会の情報もあらかじめ知っており、「確立の低い博打」にかけていたのです。しかし脱会説得が成功。石井氏らのもとに「待ちに待った情報」が届けられたのだというのです。
こうして彼らは自らの利益を上げるために教会を利用しているのです。これが真実なのです。