Q18

共産主義の何が問題なのでしょうか?

A18
まず第一は神様を否定しようとする思想が根本にあるということです。宗教を否定し、家父長的家族制度を打破すること、そして性の解放を中心とした男女平等主義など特定の思想家などが従来の社会を混乱させてしまっているのです。
人間は関係性を持ってしか存在できません。その関係性の基本が家庭からであり、生まれ出た人間が人間としての関係性を出発させるところが、家族という心情共同体の人間関係です。
その家族関係を破壊させようとする政策が、今も進められているのが大きな問題です。
人間関係の中心は各人が道徳的に生きることが大切ですが、その道徳性、規範を司るのは、根っこには宗教が担っています。そのために、家庭解体の思想家たちが宗教否定の無神論の人々であることを考えるならば、健全な家庭、道徳性は神様と一直線にあります。
世界の共通分母的な普遍性を持つもので、家族の思想を求め、実践する時代それが今求められていることです。そのためには、共産主義的価値観では解決できないのです。