2014.12.21 日曜礼拝

「うちの父母は世界で一番良い人だ」 卞鍾胛教会長

息子娘たちが父母に対して、「うちの父母は世界で一番よい人だ。神様に変わる存在だ!。」と言わなければなりません。二人の間の始終一貫した変わらない心と愛を見て、子女たちが「その愛を見習って子女である私たちも一つになろう!」というとき、理想的な家庭が形成されます。
心と心情が一つになる相対を訪ねていくのですが、もし結婚を通してこれができなければ全体が破壊され、全体が全滅するのと同様なので、それをなによりも尊重し、それをたてるために何よりも努力するのが男性の行く道であり、女性の行く道です。ですから、父母も神様の心と愛に一致し、子女たちも父母に似て神様の心と神様の愛に一致しうる家庭にならなければなりません。(天聖経5-3-2-20)

①家庭の完成は関係の問題なので夫婦の関係が家庭の完成となります。
妻の誕生日を忘れず、贈り物を送りましょう。
②妻に関心をもっつて肯定的な感想を伝えましょう。近くにいる人ほど大切にしないといけません。
③夫婦が理解することが大切です。
男性と女性は感情表現が違います。よく理解しなければいけません。
完璧主義は結婚には無理です。広く受け入れることが大切です。
④相手を尊敬しなければいけません。
無視、無関係は罪です。相対関係をよくしなければいけません。
⑤愛の秩序を守る必要があります。
純潔を守ることが信頼を守ることになります。そのために、良い言葉をたくさん読むことが必要です。み言葉を訓読をして心に響いたところを、写真にとって保存してみたらどうでしょう。
このようにして、夫婦関係を築き、自慢できる夫婦となってください。