2014.8.31 日曜礼拝

「合同礼拝 私たちは一つである」   朱鎭台地区長

先生が根本問題を追及するとき、神人一体圏はいったいどこなのかを考え続けました。これは重大な問題です。これを解決しなければ、出発点と終結店が合わな いのです。そのような中で、稲妻のようにひらめく悟りがありました。「真の愛は直短距離を通る」というのです。その一言がすべてを解決しました。天地が真 の愛で連結されるならば、直短距離を通るのです。言い換えれば、垂直は一つです。水平に対して90度以外にはありえません。これは最高の直短距離です。
(天聖経12編3章3節2)

宗教は心身一体化するのが目的です。
親子一体化、夫婦一体化、アベル、カイン一体化、霊肉界一体化、韓日一体化、
真の父母様と食口一体化、天の父母様と人類一体化、することが願いです。
特に2015年は摂理的大転換期です。
真の父母様が日本8大聖地を決定されて50年に当たります。
韓日国交正常化50周年にあたります。
ヨベルの年(2014年4月から2015年9月23日)にあたりユダヤ教では50年に一度の解放の年です。
五旬節(ペンテコステ)に当たり至誠感天の精誠が必要な年めぐりです。日本も善なる影響を与える国にになりましょう。

一体化したくても一体化できないのはなぜか? 卞鍾胛教会長 補足
一つになりたくない思いがある。一体化したくても方法がわからずにいる。
親子の一体化の前に、兄弟の一体化が必要です。そして、神様がこの立場にまで降りて一緒になって上がっていくことが必要です。命令では一体化できません。  一つになるところに神様が隣在されます。
成功する人は、感謝する思いがあり、愛する思いがある人です。

「こ のようなことを知るとき、皆さんは厚かましいのです。信じるだけで天国に行くのですか? 厚かましいです。皆さんは一つになろうとされる神に侍ったことが ありますか?アボジと一つになるために、闘ったことがありますか? 一度もないのです。一度もないなら、皆さんは反論することができません。しかし天は 我々と一つになるために、どれほど苦労されたでしょうか? 皆さんはこれを知らねばなりません。」

1960年5月29日(前本部教会)