2014.9.28 日曜礼拝

「絶対善なる先祖、絶対善なる人間体」   卞鍾胛会長

霊界の霊人たちが絶対善霊にならずには、地上にいる人間たちが善なる人間に変化することは難しいのです。霊界にいる霊人たちと私たちは連結されているの で、先祖たちが絶対善なる先祖に変化しなければ、地上にいる子孫もまた、善なる人間に変化するのがとても難しくなります。今は霊界にいる先祖と地上にいる 子孫が、授受作用しながら変化しなければならない時代です。霊界と地上が悪によってしめられたこの時代には、地でも解かれ、霊界でも解かなければなりませ ん。
先祖解怨式をして絶対善なる先祖に作っていく役事が結果的に地上人を絶対善なる人間体に作り出せるということを知らねばなりません。
私たちの心が絶対善霊たちが助けることができる心に、私たちの生活が絶対善なる先祖が助けることができる生活になったとき、「生育せよ、繁殖せよ、万物世界を主管せよ」という祝福の御言葉の通り、病気と苦痛がない世界へと定着するのです。そのようなことを神様と真の父母様はねがわれたのです。(大母のメッセージ)

絶対善なる先祖を作るのは統一教会しかありません。他の宗教は、霊を慰労することはできても恨みから解放し、祝福をしてあげることができません。