2015.1.14 日曜礼拝

「ために生きる夫婦」 卞鍾胛教会長

互いが愛し合い、互いがために生きるようになれば、被造世界が互いにために生きようとするので、天運の福が自動車よりも速くついてくるというのです。行く道までも開拓して飛んでいくのです。ために生きて天理の道理に従って生きる夫婦は、天地が保護するので、滅びずに栄え、繁栄するのが天理の道理です。
(天聖経5-3-2-10)

幸福な家庭を作る会議は夫婦にあります。万物が入ってくる家庭か、出ていく家庭になるのかそれは夫婦の関係にあります。身近な人にはために生きるよりは、むやみに扱い、遠い人には丁寧に扱ってしまう。実はこれは近くにいる人を丁寧に扱わなければいけないのです。
①夫婦においてお祈りし合うべきです。
怒りっぽい夫に対して妻が祈っていると夫は妻に対して怒れなくなります。
②感謝の思いを持つ
あなたに会えて苦しいことも辛いこともあったが、感謝のほうが多い。一緒の方向を向いて目的に向かって並ぶ。
③慰労の言葉をかける。
心に感じるような言葉をかけなければいけない。状況を察して声をかけてください。
④ほめる、賛美できる人にならなければいけません。近い人ほど恥ずかしいので、練習をしなければいけません。
これらをうまくなすためにも、堕落性をぬぐい、整理してご父母様の勝利の恩恵があるようにしてください。