2015.2.15 日曜礼拝

「神様の赦しの条件」 卞鍾胛教会長

我々自身罪の子である。しかし、我々を呼んで、召して立たした以上は、その罪よりも大きい目的観念を持って闘っていく。だから神は許してくれる。そういう神の今までの摂理路程におきましての生活態度を、日本におられる食口たちは知らなければならない。(御言葉選集14-344)

神様は親であるがゆえに、私たちの喜んでいる姿を見たい、豊かに生活している姿を見たい。健康に生活している姿をみたい。ご父母様も喜んでいる祝福家庭を見て喜びたい。だから罪があっても、自らが神様に報告をして、サタンが知って讒訴してきても、すでに知っているとして守ってくださるのである。私の子供が罪を犯したのではないと守ってくださるのである。どこまでも諦めないで守ってくださろうとする神様なのです。