2015.3.1 日曜礼拝

「伝道の証し」 山本恭三

私たちの地上生活が私自信の肉身だけのための生活になっては、永遠の世界に入り得る完璧な資格を備えることはできません。地上世界での生活は、父母様のみ言葉に従って真の愛を実践する生活にならなければならないのですが、そのような生活をする立場の人は、他のために生きなければならないのです。自分だけが祝福を受けて真の父母様を知っている位置にいてはいけないというのです。それえ、真のお父様は「神氏族的メシアとして430家庭を祝福しなさい」という最後の遺言を通して私たちを祝福してくださいました。これは祝福です。
(祝福の絶対価値と神氏族メシアの責任完遂)2014.11.20