2015.8.2 日曜礼拝

9地区インターネット合同礼拝
「すべてなしとげました」朱鎭台地区長

2014年8月2日の「7.8節」は、神様自らの宣布であり宣言です。千年、万年に渡り需要な御言葉です。
蕩減時代の最後の宣布、真の御父母様ご夫婦は最終一体、完成、完結、完子を宣布されました。
本体論の修練会では、絶対性と責任分担について語られ、生めよ、増えよ、地に満ちよ、地を従わせよの祝祷をくださり、たくさん子供を産んで、万物を主管しなさい。しかし、取って食べてはならないという戒めを守ることを教えてくださいました。
そして、文先生がなされたことはどのようなことかといいますと、まず1番に失われた真理を探したてて実体御言葉を宣布されたことです。
A:御言葉を探す段階では、有形無形実体世界のすべてのことを観察して解明されました。
B:次に、御言葉の公認を受ける段階では、神様とサタンから認定されました。
C:御言葉の検証の段階では、自ら実践躬行されました。
D:御言葉宣布の環境整備段階はあらゆる摂理の精誠がこめられました。
E:天地人真の父母様定着実体みことば宣布は8大教材教本に込められています。

そして、神様の解放釈放いわゆる、失われた「天の家庭(アダム家庭)」宣布をされました。
また、失われた神様の王権即位式・戴冠式を宣布されました。
次に、人類の解放・釈放をされました。失った人類を救援し、神様の直径の子女として生まれ変わる祝福結婚を通して、霊肉界の人類の解放、釈放に道を開いてくださいました。
次に、世界圏の解放・釈放です。ソウルオリンピックの時に世界の宣教師を集合させて世界の選手に精誠をつくしました。
それを条件に185か国に国家メシアを派遣し、超宗教超国家連合を創設し、WANGOを創設、平和大使を任命し平和会議を創設しました。
次に。天宙圏の解放・釈放のために多くの宣布をされ、天上世界の解放・釈放のためにルーシェルまで完全屈服させ、サタンが嫌う9数を1999年9月9日9時9分9秒に9.9節を宣布し超えることができました。

そして、万物の解放・釈放まで進め、すべての蕩減時代を終えました。
神様の責任分担は救援摂理にメシヤを地上に送ってくださることで、メシヤの責任分担は、復帰摂理をなすことです。
聖書にその課題が示されています。
失われたエバを探して黙示録19章7節の「子羊の婚姻をすることと、失われた人類を探して、黙示録7章の144000人の群れの祝福をすることであり、失われたエデンに「新天新地」を創建することです。
人間の責任分担は再創造摂理で、絶対信仰、絶対愛、絶対服従で祝福結婚を受けること、そして、三大祝福完成実体に成るために、氏族メシヤ活動を勝利することで、真の父母様に従い天一国創建の聖業に同参することです。
このように、文先生、真の御父母様は、あらゆる神様と人類の課題をなしとげたのです。